資金調達

資金調達について

準備中

資金調達 ケーススタディ一覧

  • 少人数私募債発行による資金調達支援

    弊社がコーディネイトする私募債発行は、少人数私募債の発行支援です。
    少人数私募債とは、中小企業でも発行できる社債のこと。少人数私募債を発行することで金融機関等のみに頼らずに資金を調達することが可能になります。
    少人数私募債では、縁故者、いわゆる関係者からの協力がとても得られやすい特徴があります。
    会社との関係性がある役員や従業員・取引先・仕入れ先・社長個人の知人や親戚などの協力を得ながら、承認私募債の特長である直接金融のメリットを享受することができます。
    【メリットその1:「返済計画が自由設計」】
    ・金融機関からの借入の場合、毎月元本と、金利を支払いが生じます。毎月の返済が必要であるため、毎月資金繰りを考えなければなりません。
    ・少人数私募債の発行による資金調達は、償還期間まで自由に、調達した資金を活用することができます。

    【メリットその2:「返済期間が設定可能」】
    ・少人数私募債の返済は、一般的には、2年から、最長で7年にて基本的には一括返済します。少人数私募債の発行の返済期間は、少人数私募債の発行会社が決定します。

    【メリットその3:「金利メリット」】
    ・金融機関からの借り入れは、毎月の元金と利息支払いが生じます。少人数私募債は年間に1回、または2回の後払い利息になります。後払いの金利支払いであるため、実質的な金利負担は、金融機関の前払いによる金利返済と比較した場合、負担額は減ります。
    ・社債発行する会社で、社債利息を決定します。通常、2%~5%程度で設定します。
    ・金融機関からの借り入れの場合、信用保証協会等への保証料の支払いが必要となりますが、少人数私募債の場合は、保証協会等を利用することありません。


    以上がメリットですが、事業計画の堅実性と償還原資(支払原資)への資金計画はとても重要になります。
    弊社では、社債権者(社債を引き受けしてくれる法人や個人)が、深く理解して、定期的な情報開示を含めた円滑なコミュニケーションが図れることで、事業繁栄・発展をコーディネイトしています。

    詳細を見る

  • 売掛債権の流動化、ファクタリングによる資金調達支援

    準備中

    詳細を見る