不動産の流動化

不動産の流動化について

不動産の流動化とは、所有不動産を特別目的事業体(とくべつもくてきじぎょうたい、英:Speciai Purpose Vehicle)に対し売却することにより、その不動産が生み出す資産価値・キャッシュフローを原資とする資金調達を行うことをいいます。法人格を有するものはSPC(Special Purpose Company、特別目的会社)と呼ばれますが、SPCへの売却後も、必要に応じ企業が引き続き不動産を利用することも可能です。
不動産流動化のスキームを活用すれば、不動産開発、新規購入及び不動産のオフバランス等、企業の求める幅広いニーズに対応可能です。

不動産の流動化 ケーススタディ一覧

  • 不動産の流動化支援

    一般に不動産の流動化とは「不動産の証券化」などに代表されるように、流動性の低い資産を流動性の高い証券などに変え、資産を活用、自己資本率のアップなど財務体質の改善などをいいます。
    弊社で支援させていただいた例では、不動産の証券化というスキームに限定せず、様々な金融手法・ノウハウを提供し、個別に最適な融資スキームを構築・オーダーメイドの資金調達をすることができます。

    詳細を見る

  • 所有不動産のセールス&リースバックの業務支援

    準備中

    詳細を見る